BBS
おかめ「アン」、うさぎ「クロ、ミミ、チビ」 2009.04.24 ミミ、チビが食べている野草
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
2009.04.24 ミミ、チビが食べている野草
- 2009/04/24(Fri) -



Yaso20090424-1

阿武隈川の土手には、色々なイネ科の植物を見ることができますが、ネットで調べ、うさぎが食べられることを確認して、ミミとチビに食べさせるようにしています。今のところ、食べさせているのはイネ科の植物はこれ1種類です。名前は「カモジグサ」、すでに穂が出始めています。


Yaso20090424-2-1

これは「アカツメクサ」です。3月頃から一番早く若葉を出してくれます。ミミもチビも大好きです。でも、こんなにおいしい葉は今だけです。これから、色々な虫がこの葉を食べ始めます。


Yaso20090424-2-2

まだ花は咲いていませんので、ネットの写真を拝借して紹介しています。


Yaso20090424-3-1

こちらが「シロツメクサ」、一般に「クローバー」と言われています。時々「四つ葉」を見つけることがあります。「シロツメクサ」は色々な雑草と共存していることがあり、食べられない雑草が混じるのを避けるため、大きい葉だけを確認しながら採っています。この写真にも「カラスノエンドウ」の葉が混じっています。「カラスノエンドウ」は人間も食べる野草なので大丈夫です。少し前までは、食べさせてはいけない野草と思っていました。マメ科植物なので、タンパク質が多く、たくさん食べさせるのは避けた方がいいようです。


Yaso20090424-3-2

郡山では「シロツメクサ」はようやく摘むことができる大きさになったばかり、花はこれからです。ネットから拝借して紹介しています。


Yaso20090424-4

阿武隈川の土手の「タンポポ」の葉は、畑や花壇の「タンポポ」と違い、あまり大きく成長していません。株毎少しずつ、葉を拝借しています。今日は家の近くの公園で「タンポポ」の葉を採りましたが、花壇など、これからは除草剤が使用されることもあり、安心出来ません。


Yaso20090424-5

人間が食べる「ヨモギ」です。郡山では「もちぐさ」とも言われています。春先の「ヨモギ」を摘み、ゆでて、草餅に使われるからです。カルシウムが多く含まれているので、うさぎも食べますが、少しだけにした方がよさそうです。

只今、「うさぎが食べて安全な野草」を調べている最中です。





この記事のURL | 我が家の家族 | CM(0) | ▲ top
<<2009.05.18 3週間ぶりの投稿です! | メイン | 2009.04.24 初めての地震を経験!>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。